2011/04/18

今回は工場スタッフから、ip20の制作サイドをご紹介!!

新生ip20として、工場部門が足立区に引越しました。
直接お客様とお会いすることは少ないですが、作り手のお話も
ご紹介できればと思います。



機械などの配置も、やっと落ち着きました。
以前の工場と比べると少し狭いですが、僕たちが作業しやすい様に
レイアウトを考えました。
ip20工場



より一層お客様にご満足頂ける製品をお届け出来る様、
工場スタッフ皆力を合わせて頑張っていきますので
宜しくお願い申し上げます。




今回は、ちょと特殊な加工があったのでご紹介します。



ip20工場
①ジグソー(のこぎりみたいな工具)でガッガッガッと、形にあわせて切っていきます。
指を切らない様に細心の注意をします。





ip20工場
②ルーター(切り口をなめらかに削る工具)で、キュイーンと型に添って削ります。





ip20工場
②-2 近くで見るとこんな感じで削れています。





③専用の機会で木口にしっかりと、テープを貼り付けます。(音はしません。)





ip20工場
④トリマー(ルーターの小さいもの?)で板からはみ出したテープを削ります。





ip20工場
⑤トリマー2(刃が丸く凹んでいる)でテープの角を丸くします。
面取りですね。見えますか?





ip20工場
⑥最後は手作業で仕上げです。時には指に豆が出来ることも・・・





110418ip20_08.jpg
丸いテーブルの天板が完成です!!




無機質な材料にも温もりを感じて頂ける様、1つ1つ丁寧に仕上げています。




他にも面白い形などありましたら、
今後もご紹介していきたいと思います。
お客様のイメージや希望を実際に形にし、お届けできることが
僕たち工場スタッフの一番の喜びです。
ちょっと変った形でも是非プランナーにご相談ください。
スポンサーサイト
ip20 ファクトリー
 | ホーム |