--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/26

ip20 展示ROOM   

日頃、皆々様のご愛顧に感謝申し上げます。

お知らせがございます。

ながらくお待たせいたしましたが
5/末頃 ip20の展示ROOMをオープンすることが決定いたしました。

場所は、池袋駅東口より徒歩4分。(ジュンク堂からすぐのところです)

これからまたこのブログ内で、オープン情報をお知らせしますので
どうぞご期待ください!!!

スポンサーサイト
目白SR イベント
2011/04/18

今回は工場スタッフから、ip20の制作サイドをご紹介!!

新生ip20として、工場部門が足立区に引越しました。
直接お客様とお会いすることは少ないですが、作り手のお話も
ご紹介できればと思います。



機械などの配置も、やっと落ち着きました。
以前の工場と比べると少し狭いですが、僕たちが作業しやすい様に
レイアウトを考えました。
ip20工場



より一層お客様にご満足頂ける製品をお届け出来る様、
工場スタッフ皆力を合わせて頑張っていきますので
宜しくお願い申し上げます。




今回は、ちょと特殊な加工があったのでご紹介します。



ip20工場
①ジグソー(のこぎりみたいな工具)でガッガッガッと、形にあわせて切っていきます。
指を切らない様に細心の注意をします。





ip20工場
②ルーター(切り口をなめらかに削る工具)で、キュイーンと型に添って削ります。





ip20工場
②-2 近くで見るとこんな感じで削れています。





③専用の機会で木口にしっかりと、テープを貼り付けます。(音はしません。)





ip20工場
④トリマー(ルーターの小さいもの?)で板からはみ出したテープを削ります。





ip20工場
⑤トリマー2(刃が丸く凹んでいる)でテープの角を丸くします。
面取りですね。見えますか?





ip20工場
⑥最後は手作業で仕上げです。時には指に豆が出来ることも・・・





110418ip20_08.jpg
丸いテーブルの天板が完成です!!




無機質な材料にも温もりを感じて頂ける様、1つ1つ丁寧に仕上げています。




他にも面白い形などありましたら、
今後もご紹介していきたいと思います。
お客様のイメージや希望を実際に形にし、お届けできることが
僕たち工場スタッフの一番の喜びです。
ちょっと変った形でも是非プランナーにご相談ください。
ip20 ファクトリー
2011/04/12

リビング・ダイニング(H邸)



今回ご紹介するH様とは当初、お引越しの為に
移設組替のご依頼から始まりました。


8年以上も使用されていたipのシステムは新品同様とても綺麗に
ご使用していただいていた事もあり、新しくお住まいになる方が
そのままご購入することとなり、お引越し先には全て新規で、
ご主人と奥様の各寝室・リビング・ダイニング
洗面所とお写真では伝えられないのが残念ですが、
ipショールームとも言えるほどたくさんのシステムを設置していただきました。



今回はリビング・ダイニング部分のユニットを撮影させていただきました。
ご新居にはもともと設置されていた棚などがございましたが、
奥様のご希望は『全て隠したい!』
そんなご要望にお答えして完成したのが下記ユニットです。



既存のダイニングカウンター下には収納が設置されていました。
その棚を活かしたまま、上部吊戸収納とあわせてipの扉を設置しました。
110412H_01.jpg110412H_02.jpg

110412H_03.jpg





窓横の配線スペース(?)は既製の家具も置けない
デッドスペースになっていましたが、この部分を隠すように
ipで天井まで収納を作りました。扉を開けてみない限り中に
そんな空間があるとは思えず、普通の収納に見えますね!
110412H_04.jpg110412H_05.jpg





インターフォン周りもちょっとした収納スペースになるのです。
既存のユニットもホワイトなので相性も良かったです。
110412H_06.jpg110412H_07.jpg





リビングのピアノの後ろにもip20
110412H_08.jpg




壁紙もホワイトのお部屋は、ipで余計な凹凸がなくなり
とても明るくなりました!
各寝室にはベッドとデスクも設置したのですが、
『今回の震災でもビクともしなかった。ipさんにしてよかったよ。』と
嬉しいお言葉をいただきました。



ここで、みなさんお気づきでしょうか?
H様のユニットにはハンドルやつまみが付いていないのです。

時にはアクセントにもなり、お部屋のイメージも一変してくれる
ハンドルですが、全く付かないのもすごくシンプルモダンで私は好きです。
逆にお客様の大切にされている絵画や食器を引き立ててくれる
システムになります。


気になる使い勝手も、openスペースをつくり、上手く手かけ扉をつくるなど、
プランナーがしっかりプランいたします。

今回はお部屋の凹凸や既存の棚を隠したり活かした
PLANをご紹介いたしましたが、職業柄、ついつい変な凸凹を見つけると、
ココはこんな風にすればすっきり見えるのではないかと考え出してしまいます。

変に凹凸した壁面よりも、奥行きは出ても床から天井までフラットな状態の方が
すっきり見えると整理収納の講座で以前学んだことがあります。
うちにもこのデットスペース何とかしたい!
でも、既製品じゃなかなか合う物がないし…

そんなお悩みの空間がありましたら一度ip20にご相談してみてください。
たくさんのおうちを見てきたip20のプランナーなら
ご期待にこたえられるかもしれません。


********************************


ドイツ生まれのシステム家具『ip20』についてのお問い合わせは
下記までどうぞ・・・

株式会社ブシ(BUSHY)『ip20』係
TEL:03-5988-0224
FAX:03-5988-0223
豊島区目白3-24-6

mail : ip20@bushy.co.jp
http : //www.ip20.co.jp

ip20受付は火曜日~土曜日となります。
施工実例 リビング・ダイニング
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。